News Trending

/



良質なわかめを直接届けたい。石巻十三浜の挑戦(後編)


2016年4月に訪れた石巻十三浜で、私たちは「顔の見える海藻 (株)リアスの石巻十三浜 絆わかめ」の生産者である、漁業生産法人「浜人(はまんと)」の阿部勝太さんと出会いました。

東日本大震災をきっかけに阿部さんは、これまでの「漁師の仕事の在り方」そのものへ疑問を抱くようになります。自分たちの獲ってきたものが、市場の都合で価格を決定され収入が安定しない、そんな形では子供たちの世代にまで借金を残すことになる。
阿部さんはここで、「漁協を通さずに、自ら販売する」という形への転換を決意します。

(前編はこちら)

近隣5世帯と「浜人」立ち上げ。坂詰氏との運命的な出会い



震災後、阿部さんは近隣の5世帯とともに「浜人」を立ち上げ、ゼロからの再スタートに奔走します。
「自ら販売する」という方針を打ち立てたものの、最初はどうしてよいかもわからなかった、そんな時。
ある「ご縁」が阿部さんにやってきます。

「震災後、泥かきのボランティアをしてくれた方が千葉県船橋市の方でした。商工会に入っていたんですが、商工会の冊子の一面にたまたま「リアス」が載っていたんです。「顔が見える流通」と書かれていた」。

ちょうど、大船渡にある会社の倉庫が多大な被害を受け、東北入りをしていた海藻専門製造卸・(株)リアスの坂詰さんと、阿部さんは運命の出会いを果たします。
かねてから石巻十三浜わかめの品質の良さを見抜いていた坂詰さんは、市場を通さず直接消費者に届ける具体的な流通スタイルを提案し、意気投合。


こうして、震災の翌年に「絆わかめ」は誕生しました。

「震災前のやり方だと潰れていただろうと思います。どの地域も高齢化が進んでいます。儲からないから、やる人がいないんです。あと5〜10年で、漁協が入札で取って、市場からものを仕入れて…というスタイルは崩壊すると思います。僕達が今取り組み始めた“顔の見える流通”は、少なくとも宮城県では推進されています。このやり方が当たり前になるのではないかと思います」。

生産者の顔が見える流通。「日本の漁業界の最先端だと思う」



現在、阿部さんは「浜人」の活動だけではなく、別団体で「一般社団法人フィッシャーマン・ジャパン」を立ち上げ、活動の幅を広げています。
石巻十三浜だけではなく、宮城、岩手、福島の、同じ考えを持った漁師さんたちと連携。わかめだけではなく、牡蠣や海苔、昆布などの養殖海産物を網羅するまでになりました。最近では、定置網漁の漁師さんも仲間に加わり、生しらすや、一本釣りのイカも取り扱えるようになったそうです。
「FISHERMANS」という、漁師さんにスポットを当てた、スタイリッシュな冊子も制作。
団体の活動売上の30%が、次世代の漁師育成のために使われているそうです。

「仲間たちは全員、同じ考えを持っています。何よりも自分自身が仕事を楽しめるようになりたい。つらいだけじゃなく」。

「僕達も消費者の顔が見えるから、モチベーションが上がります。これまでは手前味噌で作っていたものが、クレームを含めて色んな声が聞けるようになりました。販売現場からの声を反映したものづくりができる。始めて3年、まだまだスタートしたばかりですが、これが日本の最先端だと思う」。

「震災を機に崖っぷちになったけれど、震災がなくても衰退化、高齢化はしていました。たまたまそれが震災で問題化されたのかなと。僕たちは中越や阪神の(震災)経験を活かすことができました。行政やボランティアの皆さん、たくさんの方に支えられてきました。僕達たちの取り組みは、この後どこかで起こる問題のヒントになると思います」。

自分たちの経験を活かし、次世代へとつながるような生産スタイル。
漁業界でその先駆けとなるべく、阿部さんの活動は続きます。



「今後の展開は、産地の強みを活かしたものづくり。付加価値を高めることを追求していきたい。家族のスタイルが変わって、魚は丸ごとよりも切り身のほうが売れるようになりました。そういう、世の中の変化に対応していけるようになりたい。他地域の同業者の皆さんにとって東北が先行事例になればいいと思う。業界が変わるのを、楽しみにしていてください」。
Read More

良質なわかめを直接届けたい。石巻十三浜の挑戦(前編)


2016年4月。私たちは、早稲田自然食品センターで扱う「顔の見える海藻 (株)リアスの石巻十三浜 絆わかめ」の故郷である、石巻十三浜を訪れました。
東日本大震災後、宮城県石巻市を訪れるのはこれが初めてとなります。

Read More

帯広駅から車で40分。「想いやりファーム」にはゆったりとした時間が流れていた


2016年5月30日、早稲田自然食品センター店長の寺島は、北海道河西郡にある「想いやりファーム」を訪ねました。


帯広駅から車で40分。「想いやりファーム」は、乳牛に絶対に無理をさせない牧場として、知る人ぞ知る牧場です。


Read More

千葉産直、初の「倉庫開放デー」を開催




2016年4月2日(土)、“無添加” 専門の加工食品会社、株式会社 千葉産直サービス(以下、「千葉産直」)さんが、初の「倉庫開放デー」を開催しました。


Read More

食物繊維が油を吸着するって本当?実験してみた



平成27年に、「沖縄スーパーフード」として認定された
「発酵サトウキビファイバー」に関するインタビュー記事を、先日当ブログにて掲載いたしました。

【インタビュー記事前編】 【インタビュー記事後編】

「発酵サトウキビファイバー」は、豊富な水溶性&不溶性食物繊維をたっぷり含んだ粉末です。
食物繊維がごぼうの9倍もあり、油脂分の摂取緩和が期待されています。
キシロオリゴ糖やポリフェノールも多く、腸内環境を整えるのにピッタリ。

そんな「発酵サトウキビファイバー」ですが、テレビ各社や雑誌でも注目されています。
平成28年2月に放映されたNHK「おはよう日本」では
サトウキビファイバーが油を吸着する実験の様子が紹介されていました。


■ これって、本当なの?

放映後、その内容を観ていたスタッフ同士で話していたところ
「実際、他の食物繊維が多い商品と比べると(実験結果は)どうなるんだろうね?」
という意見が。

放映時の実験では、油の浮いたビーカーにサトウキビファイバーを入れると
サトウキビファイバーが油を吸着し、塊になってビーカーの底に沈んでいました。

これは果たして、サトウキビファイバーだからなのか?
他の食物繊維が多い食品でも同じ結果になるんじゃないのか?

これはもう比べてみるしかない!
ということで、早速店内で実験を行うことに。


Read More

美味しく手軽にダイエット!発酵サトウキビファイバー


沖縄県の基幹作物である「サトウキビ」。

このサトウキビの繊維部分を特殊な製法で粉末化し、麹菌で発酵させた製品「発酵サトウキビファイバー」が、平成27年に沖縄県のスーパーフードとして認定されました。

「沖縄の素晴らしい気候や土壌でうまれる食材や、 沖縄独自の伝統的な製法により加工された食品の中から、 安全性や健康維持に役立つ成分を含むことが客観的なデータとして示されているもの」という厳選された食品の一つにラインナップした「発酵サトウキビファイバー」ですが、沖縄県ではこれまでサトウキビの繊維を食べる文化習俗はありませんでした。

なぜ今回、「発酵サトウキビファイバー」が沖縄のスーパーフードとして認定されたのでしょうか?

その答えの一つは、前編でご紹介した「沖縄県産のサトウキビでしか作ることができない」特殊な製法にありました。

後編ではさらに、「発酵サトウキビファイバー」の開発に携わった、沖縄ウコン堂の稲福 直(イナフク ナオシ)さんに、健康食材としての可能性について伺ってきた内容をご紹介します。

【前編はこちら】

■ 発酵サトウキビファイバーがスーパーフードになったワケ。


(寺島)※以下、「寺」
平成27年10月、沖縄の豊かな自然や伝統的な食文化によって育まれた 健康維持に役立つことが期待できる食材を世界中の食卓に届けるべく、「沖縄スーパーフード協会」が設立しました。
現在11の商品が、協会が認定する「沖縄スーパーフード」として紹介されていますが、「発酵サトウキビファイバー」もその一つですね。


(稲福さん)
もずくやシークワーサー、ゴーヤーなどは、もともと沖縄で古くから食べられていたものですが、「発酵サトウキビファイバー」は、まったく新たな取組みになりますね。


(寺)
認定にあたって、どのあたりが評価されたのでしょう?


(稲福さん)
沖縄県はもともと「長寿県」として名をはせていたのですが、現在では県別平均寿命が他県に抜かれてしまっています。女性はかろうじて3位ですが、男性は30位前後と、もはや長寿とは言えなくなっているんですね。
これが何故そうなったかというと、食の欧米化じゃないかと言われているんです。
戦後にステーキやハンバーガーなどの欧米食が急速に県内に浸透していきました。
これまでの沖縄の食事って、わりと質素だったんですよ。それが急に肉や油を大量に摂取するような食生活に変わってしまった。
今、沖縄県の50代男性の2人に1人が肥満だとさえ言われているんです。


(寺)
そういえば、先ほど県内を車で走っていても、焼肉店やステーキハウスがすごく多かったですね。


(稲福さん)
県としても「これはいかん」ということで、県をあげて健康寿命を伸ばす運動を展開しています。

商品の話に戻りますと、発酵サトウキビファイバーには水溶性の食物繊維と、不溶性の食物繊維がバランスよく、かつ豊富に含まれているんですね。
この食物繊維を摂取することで、油脂の摂取緩和と、腸内環境の改善が期待できるという研究結果が出ているんです。


(寺)
なるほど。食べてしまった油をある程度「なかったこと」にする、と。


(コップに入れたごま油を吸着し、底に沈んだ発酵サトウキビファイバー)


(稲福さん)
難消化性のキシロオリゴ糖が腸内の善玉菌を増やしてくれるという効果もありますね。
また、サトウキビポリフェノールの持つ抗酸化作用が体調を整えてくれる。
今「腸活」がすごく流行っていますが、まさにこの「腸活」にうってつけの商品だと思っています。


(寺)
ダイエットフードとしてもかなり魅力的な商品であるということがわかりました。


(稲福さん)
肉食中心の食文化になってしまったものを、元の質素な食生活に完全に戻すのは、なかなか難しいと思うんですね。だからせめて、普段の食生活に繊維質の多い食材を紛れ込ませたい、と。

サプリや栄養補助食品にしてしまうと、飲み忘れとかが気になりますよね。
だから「普段の食生活に取り入れやすい」ことを第一に考えて商品化しました。


(寺)
スティックタイプで食物繊維を補うものは世の中にたくさんありますが、あえてそこは狙わない、と。


(稲福さん)
そうなんです。
「発酵サトウキビファイバー」には、ひとつ大きな特徴があるんですよ。


(寺)
特徴。それはなんでしょう?


(稲福さん)
それは


(寺)
それは



(稲福さん)
おいしいんです。


■ 地元ホテルや飲食店でも。さとうきびごはんは、おいしい!


(稲福さん)
「発酵サトウキビファイバー」を普段の食生活に取り入れていただく方法として、「さとうきびごはん」をおすすめしています。これは、サトウキビファイバーをお米に入れて炊きあげていただく方法なんですが、現在、県外はもちろん、県内のホテルや飲食店、保育園などに協力してもらって、普及に努めています。


(寺)
今回、ホテル「ロコアナハ」さんに宿泊したのですが、朝食に炊きたてのさとうきびごはんが出てきました。かすかに黒糖の香りがして、ほんのり甘い味わいで、モチモチ感があって…たしかにおいしかったです!

(炊きたてのさとうきびごはんは、らふてーやチャンプルーなどの沖縄料理とも相性抜群!)
(「観光客の方にも発信していきたい」と、ロコアナハのレストラン アレッタのチーフ・呉屋さん)


(稲福さん)
この「おいしい」というのが、他の食物繊維商品と比べて「強み」になるかなと。
もちろん、炊き込みご飯だけではなく、混ぜご飯や卵焼き、ヨーグルトやアイスにと、活用の幅がすごく広いんですよ。




(寺)
食事やデザートにワンスプーンで取り入れられるのは本当に手軽ですよね。


(稲福さん)
沖縄には昔から「ヌチグスイ(命水)」という言葉があるんです。
薬になるくらいの良い食事、美味しい食事をいただいたとき、青い空や海、美しい花々を見た時、心身ともに癒やしを感じる場面で、感謝の気持ちを込めて「ヌチグスイになりました」と言うんですね。

この「発酵サトウキビファイバー」も、皆さんにとっての「ヌチグスイ」になれるよう、これからもがんばって普及していきたいと思っています。


(寺)
ヌチグスイ、不思議な響きでとても良い言葉ですね。
玄米や雑穀ごはんのように、「さとうきびごはん」が日常の食卓に並ぶようになる日が来るのが楽しみです。

稲福さん、本日はありがとうございました!





沖縄県産のサトウキビを活用し、健康増進が大いに期待できる、発酵サトウキビファイバー。
スーパーフードと聞くと、その土地で昔から食べられてきた食材や種子、というイメージがありますが、今回ご紹介した「発酵サトウキビファイバー」は、将来の若者の健康を考え、試行錯誤を繰り返して新たに誕生した、まさに「スーパーフード2.0」とも言える食材。

日頃の食生活で腸内環境が気になる方や、がんばらないでダイエットしたい!という方にもピッタリの「発酵サトウキビファイバー」を、是非一度食卓に並べてみてはいかがでしょうか。




▼発酵サトウキビファイバーの商品はこちら



【名 称】: 発酵さとうきびバガス加工食品
【内容量】: 60g
【原材料】: 発酵さとうきびバガス
【製造者】: 株式会社沖縄ウコン堂
【開封前賞味期間】: 24ヶ月
Read More

発酵サトウキビファイバー が出来るまで



「沖縄県ならではの食べ物は?」

沖縄そば、ラフテー、ゴーヤー、シークワーサーなど、色々ありますが
サトウキビを思い浮かべた方も多いのではないでしょうか。
沖縄旅行の際に、露店で生のサトウキビを囓ってみた方もいらっしゃるかもしれません。
また、黒糖を使ったお菓子はおみやげ品としても人気ですね。

実はこのサトウキビの「ある部分」が、沖縄県ならではの「スーパーフード」として
現在たいへん注目を集めていることをご存知ですか?



その「ある部分」とは、サトウキビの繊維

サトウキビから黒糖などの原料となるショ糖を絞り出すと、「バガス」と呼ばれるサトウキビの繊維が残ります。このサトウキビバガスに含まれる豊富な食物繊維とポリフェノールに着目し、研究開発を重ねた結果、「発酵サトウキビファイバー」という商品が誕生しました。

平成28年1月、早稲田自然食品センター店長・寺島が沖縄を訪問。
「発酵サトウキビファイバー」の開発に携わった、沖縄ウコン堂の稲福 直(イナフク ナオシ)さんにお話を伺ってきました。

■ 砂糖だけじゃない、サトウキビ


(寺島)※以下「寺」
県内を走っていると、本当によくサトウキビの畑が目に入りますね。
どのあたりに多い、というのはあるのでしょうか?


(稲福さん)
サトウキビの畑は、どこにでもありますよ。ちょうど今は収穫の時期ですね。
収穫してすぐに製造工場に回されます。

サトウキビは、1400年代に中国から伝えられたと言われています。
イネ科の植物なんですが、これまでは砂糖の製造を目的に、沖縄と南九州地方を中心に栽培されてきました。琉球王朝時代は、サトウキビから作った砂糖がとても貴重な輸出品だったそうです。


(寺)
歴史的な背景もあって、沖縄の基幹作物になっているんですね。
そんな中、今回の「発酵サトウキビファイバー」は、これまでのサトウキビ製品とはまったく違うアプローチのように見えますが…


(稲福さん)
砂糖というジャンルは、精白糖などの登場で製品の価格もかなり下がりましたからね。砂糖を作るだけじゃサトウキビ産業としては成立しないところまで来てしまっているんです。

サトウキビから、汁を絞った残りを「バガス」と言うんですが、実はこれまでも県をあげてバガスの有効利用方法が研究されていました。
ところが、沖縄県産のサトウキビは品種改良を重ねて、世界でも類を見ないほど固い繊維構造を持っていて。繊維部分の先端が針のように尖っているため、これまでは食用はおろか飼料への活用も断念されていたんです。繊維部分を固めて、燃料として使うぐらいしか活用方法がなかったんですよ。



■ 世界一固いサトウキビの繊維を、食用にする挑戦。

(「世界一の固さ」とされる 沖縄県のサトウキビ繊維)


(寺)
そのまま食べると胃に穴が開いてしまいそう。
それでも食品素材としての活用方法を研究されたのはなぜですか?


(稲福さん)
サトウキビバガスに含まれる豊富な食物繊維に注目しました。
食物繊維だけではなく、サトウキビバガスにはポリフェノールが含まれているので、健康食材として活かすことができるのではないかと。

ただ、課題となるのは先ほども申し上げたとおり、「固い」ことでした。
普通の方法で細かくしてもダメ、ということで、国の独立行政法人科学技術振興機構の協力を受けながら研究開発を進めました。その結果、「爆砕法」という方法に辿り着いたんです。
これはバガスに高温・高圧をかけてから一気に常圧に戻すと、繊維質が文字通り爆発して砕ける、というもので、平成17年には県と共同で開発特許を取得しています。

爆砕は一瞬です。数秒でボーン、と。
機械は耐圧容器なので、小さくて頑丈なつくりになっていて、4〜5キロぐらいずつを連続してボンボンボンとやっていく感じです。


(寺)
すごい製法ですね!


(粉砕されたサトウキビバガス)

(稲福さん)
爆砕法で砕いたサトウキビバガスを、さらに麹菌で発酵させることで、バガスの固い繊維が分解されます。これで、私たちが食べられる状態の「発酵バガス」というものになります。


(寺)
発酵にはどれぐらい時間がかかるんでしょう。


(稲福さん)
大体、24〜48時間ぐらいですね。季節や温度によって発酵時間は変わりますので、具合を見て調整します。


(寺)
そんな短時間でも発酵させることで品質が変わるんですね。


(稲福さん)
幾万とある食用菌の中から選抜した、サトウキビに最も相性の良い麹菌を使っています。
発酵させることで、ポリフェノールやキシロオリゴ糖が豊富になるのも特徴です。

ちなみに、海外産のサトウキビだと、繊維構造が軟弱なもので、この爆砕法に耐えられないんですよ。
だからこの「発酵バガス」は、沖縄県ならではの健康食材なんです。


(寺)
だから「沖縄のスーパーフード」として認定されたんですね!
気になる健康への役立て方についても伺ってもいいですか?



(後編へ続く)



▼発酵サトウキビファイバーの商品はこちら



【名 称】: 発酵さとうきびバガス加工食品
【内容量】: 60g
【原材料】: 発酵さとうきびバガス
【製造者】: 株式会社沖縄ウコン堂
【開封前賞味期間】: 24ヶ月
Read More